はあ、カゼひいちゃったよ・・・。
ぼんやりした頭で、待合室で順番を待つ・・・。

「次の方どうぞ」

「・・・はい」

看護師さんに呼ばれて、渋々、診察室に入る。

「えーと、カゼ?

何で立ってんの?

座って」


ええっ!?

先生を見て、カゼでぼんやりしてた頭が一気に覚める。

先生の名前、奈良シカマルって外に書いてあったから、おじいちゃんかと思ってたけど・・・、

若くてカッコイイ!

「・・・は、はい」

のろのろと椅子に座る。

「はい口あけて。

あー腫れてんな」

シカマル先生は喉の腫れを確認すると、両手で私の首を押す。

や・・・、
恥ずかしすぎる・・・。

「お腹出して」

「えっ!?」

「ヘンな声出すなよ。
聴診器当てんだよ」

気のせいかシカマル先生が照れてるみたい・・・。

何だか余計、熱があがった気がするよ・・・。


「んじゃあ1週間分、薬出しとくから、それでも治らなかったらきてくれ」

「はい・・・」

ふわふわした足取りで診察室を出て、薬をもらった。

薬の袋を握りしめる。

1週間経っても、カゼが治らなかったらいいのに・・・。

またシカマル先生に合えたらいいな・・・。






[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ