幸せの権利

みんなと一緒。
だから幸せだと信じていた。

笑いが絶えない。
その時間を大切にしたいから。

目の前の苦難に負ける。
知らない内に惨劇はやってくる。



少女は少年と偽り、物語を歩むしかなかった。
それが、決まったことだとしても。


戻り先はこちら

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ